獣医師だより

新人獣医師の奮闘を紹介「2020 Miss T」

NOSAI道東で活躍する獣医師❤

新人獣医師今日も笑顔で診療

標茶町を担う釧路中部事業センター「標茶家畜診療所」。この地に獣医師として赴任したのは、春に大学を卒業した東京都出身のT。
Tの獣医師人生がスタートした標茶町は、牛の数は人口の7倍近くもいる酪農の町。町の南部には釧路湿原や湖沼が広がり、北部には高山植物が多く見られる西別岳、360度のパノラマが広がる多和平など、自然豊かで美しい町です。
動物が大好きで、日本の食を影ながら支える仕事として獣医師を志したTの働く姿を紹介します。

朝、診療受付~準備~診療へ

  • 出勤して準備します

  • 診療依頼の電話を受付

  • 診療の割り振りはパソコンで入力し、指示が来ます

  • 過去に診療した牛のカルテを探し…

  • 診療する牛を前に診た先輩からアドバイス

  • 診療に必要な薬の準備

  • 笑顔で診療に出発~

  • 笑顔で診療に出発~

発熱症状の牛

  • 1件目の牧場に到着

  • 発熱症状のある牛の診療、症状を聞き聴診と触診

  • 体温を測り…

  • 子宮の触診

  • 発熱の原因は乳房炎でした。検体を採取

  • 抗生剤の投与

  • 点滴を行います

子牛の診療(2頭)

  • 食欲のない子牛の診療

  • 聴診と触診。体温を測ります

  • 下痢で脱水がみられたので点滴の用意

  • 炎症止めと水分を点滴してようすをみることに…

蹄の治療

前回の治療で付けたゲタがとれてしまったとの事

  • 枠場に牛を入れます

  • 蹄の表面のゴミを落とし「ゲタ」を付けます

  • (ゲタ=蹄底ブロック)

繁殖障害の診療

  • 繁殖障害の診療、卵巣・子宮の触診、ホルモン剤を注射

  • もう一頭も繁殖障害の診療、ホルモン剤を注射

  • 牛を診療し、畜主さんと治療の相談

  • 次の牧場へ…

蹄の治療

  • 枠場に牛を入れて…

  • 蹄を洗って患部の診療

  • 蹄鉗子を使って患部の確認

  • 蹄を削って、患部を探します… これですね↑

  • 近くを通ったベテラン獣医師さんが様子を見に来てくれました

  • 浮いている部分を削って、きれいにします

  • 包帯を巻いて処置終了

蹄の治療

  • 畜主さんに教えてもらった牛の進ませ方

  • 黙々と削ります

  • 牛の様子を診ながら患部を削ります

  • 処置が上手くいくと嬉しい…

  • 3件目終了

子牛が死産だったので、子牛検案

  • 死産の子牛を確認

  • 経過を確認し書類を手配

  • 出産した母牛の健康状態を確認

  • 診療が終わって、診療所へ戻ります

午後は手術とカルテの記入

午後の手術は、診療所で行われる手術で最も多い第四胃左方変位整復手術です。本来お腹の下側にある第四胃にガスがたまり、上へ移動してしまい食べた物がうまく通過できなくなる病気です。標茶家畜診療所では牛を枠場に入れ、立たせたまま手術を行います。手術では第四胃のガスを抜き、位置を直して腹壁へ固定することで再発を防ぎます。はじめは先輩の手術へ助手に入って学び、今は一人で行っています。まだ一人では不安な時もあるため、周りで先輩が見守ってくれています。

四変の手術です

  • 用意をしている間に先輩や同期が麻酔などの 準備をしてくれました

  • 右のけん部(脇腹の凹んだ部分) を切開

  • さりげなくようすを見てくれています

  • 同期が台を用意してくれました

  • 針のついたチューブでガスを抜きます

  • 四胃の位置を直し…

  • 四胃の位置を固定します

  • 縫合して手術は無事終了!

  • 先輩のチェック…

  • 手術は上手くいきました!

あとは、カルテの記入など…

  • 先輩が気付いたことを指摘してくれました

  • 手術の後はカルテの記入です

獣医師 Tから、獣医師をめざす皆さんへメッセージ

今年の春に関東の大学を卒業し、標茶家畜診療所に配属になりました。初めての北海道での生活、車の運転に慣れるのも一苦労でした。牛に触れる機会も少ない状態からスタートしましたが、周りの先輩獣医師や同期の助けもあり、少しずつ一人で診療に出られるようになりました。
日々現場で悩むことが多く、時には失敗して農家さんに迷惑をかけてしまったりします。身長も高くはないので体力的にきついことも多いです。
ですが自分なりに精いっぱい治療して、「あの牛元気になったよ」と言われたときはとてもうれしいです。そして牛の治療を通して日本の食に貢献できるというやりがいも大きな魅力です。
まだまだ学ぶことが多く技術も未熟なので、たくさん経験を積み勉強して、早く一人前の頼れる獣医師になれるようがんばります。


大自然と牧場風景が美しい標茶町

標茶町は、面積約1,100平方km、全国で6番目に広い町です。
釧路湿原の約43%が標茶町に含まれる自然豊かな町で、走っていると「特別天然記念物 タンチョウ」を見かけたり、エゾシカやキタキツネにも良く会います。
町の北部には摩周湖に繋がる西別岳があり、手軽に登山も楽しめます。さらに西別川や釧路川など、豊かで美しい川の流れが町を潤します。
大自然や牧場風景が美しく、車の運転が楽しい町です。

  • 夏の多和平と標茶町育成牧場の放牧牛

  • 摩周湖も見渡せる西別岳山頂

  • 清流で知られる西別川

  • カヌーが人気の釧路川

TOP