NOSAI道東
スペーサー
HOME農業共済収入保険家畜診療事業所紹介組織機構図技術情報獣医師情報リンクメール
獣医師情報

NOSAIで活躍する新人獣医師を紹介した記事(2013年 秋)【後編】

 
5軒目は、四頭診療しました
二頭ともケトーシスの治療。ブドウ糖の点滴をしました
出産が近い牛の診察。数日後に出産の見込なので、胎児の状態を確認
出産後低カルシウムで立てない牛を診察。大腸菌性乳房炎の可能性もあるので乳を検査 カルシウム剤を点滴し、様子を見ることに
6軒目は、子牛の薬を届けました
7軒目:子宮捻転と思われる症状ですが、判断に迷ってしまいました…。(-_-;)
触診、視診、聴診…いずれも症状を決定づける決め手になりません…。
念のため先輩に来てもらい、再検診。
結果は…子宮捻転ではなく出産の遅れでした。
間違えるわけにはいかないので、先輩に検診してもらいました。緊張したのか点滴の針が静脈に入りません…先輩は一発で入れました。
まだまだ勉強しないとなぁ〜
と思うのでした。
 
 
   ≪診療編(前編)へもどる   ≫手術編につづきます≫
獣医師情報 TOPへもどる
 NOSAI道東
 北海道ひがし農業共済組合
〒088-2311 北海道川上郡標茶町開運10丁目25番地 
TEL 015-485-3560 FAX 015-485-3276 
写真・文章等の無断使用を禁じます。copyright (c)2015 nosai do-to all light reserve